研修カリキュラム

研修内容

こんな方にオススメ
目指す未来
  • ・専業農家 農業で食べていきたい…でも1からのスタート、という方
  • ・兼業農家 仕事は続けながらも実家の農地を活用したい、という方
  • ・半農半X 自分のスキルと農業をかけ合わせて農業と関わりたい、という方
  • ・例:農福連携、ICT(スマート農業)、食農教育、アグリツーリズム、農のある暮らし
  • ・純粋に 農業のイロハ/基礎を学んでみたい、という方
  • ・富田林市のプロ農家との接点を持ちたい、という方
現在の状況
  • ・現在の仕事は当面続けたいが、農業の勉強も始めたい(平日は仕事があり、主に休日しか時間がとれない)
  • ・農業に適性があるか、現場で試したい/キツさを体験・体感したい(迷っている/判断するための情報を得たい)
次のような興味・関心がある方に適しています
  • ・理論より実践派:現場での体験・体感を重要視する方(座学は家で自分でやる→現場にしかないものを見たい、触れたい)
  • ・一人でできる農業の限界と、プロの農業の「差」を知りたい(プロ農家の作物と、自分の区画で栽培したものとを比べたい、等)
  • ・純粋に「農のある暮らし」を体験したい(自分と農業、自分と地域、自分とナス…等)
研修期間、日程
  • ・研修期間:2022年8月下旬~2023年7月下旬(1年間)
  • ・研修日程:毎週土曜午前に研修を行います(時期により午後・夕方実施)。
  • ※その他、不定期な体験や交流会、勉強会等があります。
  • ※悪天候等により中止/内容を変更する場合があります。
受講料
  • ・税込 220,000円/12か月
  • 以下を含みます。
  • ・基礎研修指導料 :大阪府「農の匠」が鍬の使い方から指導します。
  • ・区画使用料、資材費:かなりの量の野菜が採れます。一部マルシェ等で販売します。
  • ・損害保険加入料:熱中症等での通院等もカバーしたレクリエーション保険です。(その他、必要な方はご自身で保険加入をお願い致します)
できること、できないこと

できること

  • ・未経験者でも、農産物栽培に関する一通りの知識・経験を得ることできます。(1シーズンの栽培を通じ20種類超の作物を育てます)
  • ・農業特有の道具、資材、服装…その他様々な用語に関する知識も得られます。
  • ・畝立てから、収穫まで、自身の区画をご自身で管理することができます。
  • ・植物生理や土壌、農法(農薬の使い方)および植物の力を引き出すための「技術」についても、一通りの基礎を学ぶことができます。
    農場での実践のほか、座学の機会も設けて説明します。
  • ・農産物流通に関する基礎知識や、大阪府の農業の特徴、農地法等の関連法規や財務会計といった生産以外の知識も学ぶ機会あります。
  • ・月1回行われる「金剛軽トラマルシェ」への参加を通じ、生産した野菜を販売する経験ができます。POPや陳列のレイアウトも様々試すことができます。
  • ・サポートデスクを通じ、気軽に先輩新規就農者への相談や農場見学ができます。
  • ・就農イメージが強くなった場合は、塾後半の時間の使い方について相談し、研修先のマッチングに向けサポートしていきます。

できないこと

  • ・基礎課程コースを修了しても、即座に就農できる技術レベルには至れません。(自身の希望する品目・作型のプロ農家での研修に進むことをお勧めしています)
  • ・自身で栽培した作物を、直売所等で販売することはできません。
  • ※その他、上記以外にご自身の取り組まれたいことが可能か否かについては、
    富田林市きらめき農業塾ホームページの お問い合わせフォーム よりご連絡ください。
研修内容

▪︎研修計画:基礎農場での学び▪︎

8月に入塾式を行い、畝作り等の基礎的なことから始めます。
根菜類、葉物類、果菜類等、様々な作物で栽培実習に取り組みます。

詳しくは「募集要項」をご覧ください。